下痢の時の食事

下痢が続く場合、どのような食事をすればよいのでしょうか?

まず気をつけたいのは、腸に刺激を与えるものは食べないことです。
香辛料やたかの爪、タマネギなども避けた方がいいですね。好きな人にとっては残念ですがにんにくも控えるようにしましょう。

スポンサーリンク


お酒が大好きな人も下痢が続いている場合はアルコールは刺激になるので控えましょう。炭酸飲料やカフェインもです。
冷たいのみものよりも温かい飲み物を飲むようにしましょう。牛乳なども酒や方がいいですよ。

また、腸の中で発酵してガスを出す食事、バナナやいも、カボチャ、栗、豆なども控えるようにしましょう。
消化の悪い食物繊維もいけませんよ。

下痢が続くときには、消化吸収のよい食事をしましょう、とよく言われますね。
おかゆやうどん、豆腐や白身魚、にんじん、だいこんなどがおすすめ。
やわらかくスープなどにして食べるといいですよ。

食事をするときには腸に負担をかけないように、ゆっくりとよく噛んで食べることを心がけましょうね。
1日3食、規則正しく食べるようにしましょう。
もちろん、暴飲暴食、夜遅い食事などはもってのほかです。

また、普段から乳酸菌などのヨーグルトを食べたりして、腸内環境を整えて下痢にならないような食事をすることも大切です。

スポンサーリンク