下痢が続く 原因

下痢が続く 原因

下痢の原因には、食あたりや細菌感染、ストレス、病気などさまざまことが考えられますね。
お酒を飲みすぎた次の日やお腹を冷やしてしまったときなどは下痢になることもありますが、それはすぐに治ります。
しかし、2〜3週間など続いてしまう場合もあります。
そんな症状が続くのはつらいこと。仕事などにも支障が出てしまいますね。

下痢は便に多く水分が含まれることで起こるとされていますが、その原因として多いのが過敏性腸症候群と言われているものです。

過敏性腸症候群は胃腸には何の障害や問題も見つからないのに、症状が続く状態。
緊張や精神的なもの、つまりストレスが原因だとされています。
でも、ストレスが改善されても治らない場合があります。
下痢が続く原因、それは腸内細菌によって過敏性腸症候群になっている場合があります。

腸内で悪玉菌が異常に多くなり、腸が活発に動きすぎて食べたものが消化しきれずに大腸に流れ出してしまう。それが下痢が続く原因となってしまうのですね。

慢性的に続く場合、腸内環境が悪いことが考えられます。
腸内環境が悪い状態というのは、便秘だけではなく下痢も引き起こすのです。
腸内環境を整えるために、乳酸菌などをたくさん摂って善玉菌を増やすことが必要ですよ。

皆さんは、下痢と放射能の関係についてご存知でしょうか?下痢と放射能って何の関係もないのでは?と思われるかもしれませんが、実は被ばくの症状として下痢があるのです。

ストレスが原因で下痢が続くことがあるというのを知っていますか?病気でもなく、ウイルス感染などの原因も見当たらないのにお腹が痛くなってトイレに駆け込む、という症状が続く場合、過敏性腸症候群の可能性があります。また、過敏性腸症候群は痛みの程度もいろいろで、痛む場所もさまざま、排便によってお腹の痛みが軽くなる、というのも特徴です。