下痢が続く 何科

下痢が続くようであれば病院に行って診察をしてもらい、原因を見つけて治療をしてもらうのが一番です。
では何科に行けばいいのでしょうか?

下痢が続くようであれば内科を受診しましょう。または消化器科や胃腸科などでも大丈夫です。

スポンサーリンク

過敏性腸症候群は主にストレスが原因と言われていますが、何科に行けばいいのか迷ってしまいますね。
通常は消化器科や心療内科などに行けばいいと思いますが、最初は内科に行っても大丈夫のようです。

子供の場合は何科に行けばいいのか迷うことはないと思います。小児科ですね。基本的には14歳までは小児科で診てもらうことができます。

乳幼児の場合は下痢の症状について、医師に説明できるようにしましょう。
どれくらい続いているのか、便の色はどうか、臭いはどうか、1日に何回くらいオムツを替えるか、アレルギーはあるか、吐き気や嘔吐についてなどの情報を医師に伝えることが大事ですよ。

また、下痢が続き、便に血液や粘液が混ざっている、色が赤や黒、白など普段の便の色と違う、便のにおいが酸っぱい、激しい腹痛や吐き気、嘔吐、さらに発熱を伴う、といった症状が出たらすぐに内科や胃腸科、消化器科を受診しましょう。
また、頻繁に下痢になる場合も病院で一度診察して腸の様子を知っておくことも必要ですよ。

スポンサーリンク