下痢が続く エイズ

性病においても下痢が続くことがあります。
その一つがエイズです。

エイズの潜伏期間は約10年と言われていますね。この期間は感染者の段階でエイズとは呼ばれることはなく、発症してエイズと言われるようになります。

スポンサーリンク

エイズが発症すると発熱、リンパ節の腫れ、悪性腫瘍、体重減少、リンパ球減少、そして下痢が続く、といった症状があらわれます。
このような症状が出始めると、免疫力はとても弱くなっているため、正常のときには何でもない病気にかかり治らなくなったり、症状が悪化してとても危険な状態になります。

さらに、免疫が正常に機能しなくなり、カリニ肺炎やカンジダ症、カポジ肉腫などのさまざまな病気を引き起こしやすくなります。

エイズに感染しても1〜2週間程度で全身倦怠、発熱といった症状を引き起こすのですが、風邪の症状と似ているのでエイズとは気付かないことが多くそのまま過ごしてしまうのですね。中には症状が出ないこともあります。
その後数週間程度でウイルス濃度は激減し、そのまま健康体として過ごす人もいるわけです。
しかし、病状は進行している場合が多く、下痢が続くようになる、全身倦怠感がある、体重減少、などの症状が出たときにはエイズは進行している状態です。

もし思い当たることがあったら、その日から3ヵ月を目安に検査をしましょう。

スポンサーリンク