下痢が続く 風邪

下痢に発熱した場合、水分補給が重要だということは知られていますが、ではどのようなものがいいのでしょうか?
風邪の時にも同じように水分補給はしますよね。風邪が原因の下痢の場合は、特に水分補給には注意が必要です。

スポンサーリンク

水やお茶よりもスポーツドリンクのようなものがいいとされています。これは下痢で体液の電解質のバランスが崩れるので、電解質の補給にこのようなものがよいとされています。
また薄めたスープや味噌汁も補う意味でよいとされています。おなかを冷やさないためにも温かいものがよいです。

重症の下痢や乳幼児が下痢になったときは、さらに注意が必要です。下痢の場合は塩分も不足しますのでスポーツドリンクだけでは塩分不足になります。
よってWHOでは重症の下痢の場合、経口補液と呼ばれるものがよいとしています。これは発展途上国での点滴に用いられているものです。家庭でも簡単に作れます。
1000ミリリットルの水に食塩スプーン1杯、砂糖8杯を溶かすだけ。さらに少量の果汁を加えるとさらに飲みやすくなります。

下痢をしている状態だと、水道水のような普通の水は吸収されにくいです。砂糖を入れるのは、糖分は塩分より比較的吸収されやすいので、塩分の吸収を助けてくれます。
電解質といいましたが、電解質の種類をご存知ですか?電解質はイオンとのいい、一昔前はイオン飲料とも言ってました。ナトリウム。カリウム・カルシウム・マグネシウム・塩化物・リン酸・炭酸水素などです。
風邪による下痢は脱水症状を引き起こしやすくなりますので、気をつけましょう。

スポンサーリンク