胃腸炎 下痢が続く

胃腸炎。
胃腸になんらかの不具合がある場合を総称してそう呼ぶのですが、
胃腸による疾患は、急性胃腸炎・慢性胃炎・胃・十二支潰瘍などのパターンに分けられます。
胃腸炎による痛みは、大変辛いものがあります。

スポンサーリンク

胃腸炎では、下痢が続くような症状が見られる場合もあるようです。
その発生原因は、胃痛や胃もたれなど、もともと胃腸が弱い場合、体の冷えなどが原因の場合、そして、暴飲暴食が原因である場合、ストレスが原因である場合と様々。
胃腸が弱いといっても、生まれつき胃腸が弱いケースもあれば、老化などで胃腸が弱くなるといったケースもあります。
どちらも症状としては、食欲もなく、疲れやすくなるようです。
冷えが原因の場合、胃が冷えて、胃痛を起こすなどの症状が現れます。
もちろん、消化不良による下痢が続くような辛い症状も伴うということもあるそうです。
また、脂濃いもの、繊維質の過剰摂取、お酒の飲み過ぎなどでは、食べ物が十分に消化されないので、食欲不振・ゲップ・胸やけ・腹痛・吐き気・下痢が続くような症状が起こります。
どの状態においても、胃腸の機能を活性化させ、水分代謝を改善し、消化を促していかなくてはなりません。
胃腸は精神的な影響をとても受けやすい臓器です。
血の巡りを良くするためにも、精神的緊張は緩和していきましょう。


スポンサーリンク