ノロウイルス 下痢が続く

毎年冬になると心配されるのが、ノロウイルス感性による嘔吐・長期の下痢です。
保育園・幼稚園・小学校など、集団生活の施設において、感染していくことがあります。
ノロウイルスの感染源は貝とも言われていますが、感染力が非常に強く、症状のほとんどが嘔吐・下痢が続くなどの症状であるといいます。

スポンサーリンク

症状が激しい時は、一日何度も嘔吐・下痢が続くなどの症状を何日間も繰り返します。
感染期間は比較的短いとはいえ、抵抗力が弱い、乳幼児や高齢者では、重症になってしまうこともあるので注意が必要です。
専門医に足を運ぶと、ノロウイルス感染による嘔吐・下痢が続くような症状には整腸剤や吐き気止めがなどの薬が処方されます。
感染を予防する注射や薬はありません。
自然に体が回復していくのを待つばかりとなります。
嘔吐・下痢などにより汚れた衣服類は、すぐに洗濯するようにして下さい。
それ自体が感染源となる危険性があるからです。
また、普段から、ノロウイルスなどのような細菌に感染しないようにするためには、ウイルスに対抗する体力をつけておくべきです。
規則正しい生活習慣と栄養バランスの摂れた食事は季節に限らず必要不可欠です。
また、予防方法として、うがい・手洗いは当たり前に行いましょう。
調理をした食べ物や調理器具などは、たとえ、冬であっても十分に加熱するようにして下さい。

スポンサーリンク