あなたの下痢の、症状や原因は?

症状 下痢が続く

下痢が続くというのはとてもつらいことです。どうして下痢が続くのかその原因をまず知らなければ話になりません。

細菌やウィルスではなく、ストレスから下痢をしてしまう人もいるのです。それが「過敏性腸症候群」です。

なぜストレスから下痢が起こるかと言うと、腸からの刺激が脳にストレスを与えてしまうからです。

さらにこの病気の患者さんには息の中にメタンガスがたくさん含まれているがわかりました。

えーって、思われるかもしません。そこで調べたらメタンガスが体の中で作られる原因は腸内細菌にあるのがわかりました。

ご存知の人もいると思いますが、腸内細菌とは人や動物がすでに体に持っている細菌です。乳製品のコマーシャルなんかで耳にする「ビフィズス菌」なんかがそうです。

免疫力が低下するとこの腸内細菌は小腸に移動します。小腸の中は免疫力が弱っているのでこお腸内細菌を追い出そうとして激しく動きます。これにより消化不良を起こし、下痢をしてしまうのです。

人の体の中には種類にすると300種類、数にすると100兆個の「腸内細菌」がいると言われています。さらにこの中には「善玉菌」と呼ばれるものと「悪玉菌」と呼ばれているもの、もう一つ「日和見菌」と呼ばれているものの3種類に分かれています。

下痢の種類記事一覧

下痢には腹痛がつきものですが、腹痛と下痢が続く場合、潰瘍性大腸炎やクローン病の可能性もあるので注意が必要です。どちらも患者さんが増えている病気で、特に20〜30歳代の人に多くみられる病気です。

下痢が続くとさまざまな症状が現れることがあります。血便もその一つです。下痢が続き血便が混じるようになるのは、腸に炎症が起こっている証拠でもあります。腸の粘膜が切れやすくなっているのですね。その原因は潰瘍性大腸炎やクローン病が考えられます。

下痢と発熱を伴う病気に赤痢があります。以前は単に「赤痢」と呼ばれていましたが、現在では「細菌性赤痢」と「アメーバ性赤痢」とに分けられました。私たちが一般的に知っているのは「細菌性」の方です。

突然の吐き気、嘔吐、そして下痢が続く、といた症状は急性胃腸炎の場合が多いです。ウイルス感染によって引き起こされます。吐き気や嘔吐はつらいものですが、さらに下痢が続きます。

水下痢が続く原因の一つには食べ物や飲み物が関係していることがあります。暴飲暴食をしたり、冷たいドリンクを飲みすぎたり、体質によって合わないものを食べたり、飲んだり、ということを続けていると、症状は改善されませんよね。他にも過敏性腸症候群といったストレスによるものや、病気、細菌感染などが原因で水下痢が続くこともあります。

下痢が続いている場合、原因はさまざまでそれほど気にしなくてもいいものもありますが、注意したいのは熱が出る場合です。熱を伴う下痢が続く場合は、細菌による食中毒やウイルスによる嘔吐下痢症など、注意しなければならないものだからです。

下痢が微熱を伴っていると、風邪だと勘違いしやすいですが、あながちそうでもない時があります。しかも、それは恐ろしい病気だったりします。その病気とは「クーロン病」。あまり聞き慣れていない病名ですが、この病気はあらゆる消化器官に炎症が起きます。潰瘍ができる厚生労働省から難病に指定されています。

みぞおちの痛みが酷く、下痢が続く。そんな症状に見舞われたことはありませんか?下痢が続くような症状では、水のような便が沢山出ることもありますが、量が少なくても、すっきりしない、そんなものもあります。下痢の原因は様々ですが、冷たいものや脂の濃いものを摂り過ぎると、腹痛に伴う、そのような症状が出てきてしまうようです。

軽い下痢が続いているのはいやなものです。下痢とはどんな症状なのか、皆さんは説明できますか?下痢の状態って、いくつかの段階がありますよね。大きく分けて3つ。軟便→泥状便→水様便となっています。下痢をしていると「病気か」と思いがちですが、本来は他にも様々な原因があります。

下痢が続くと体重減少につながりますね。それもそのはず。下痢が続くと、体に必要な栄養素が消化吸収されず、下痢によって体内の水分も失われていきます。免疫力も低下し、栄養が体にまわらなくなります。これでは体重減少も止まりません。