下痢が続く 吐き気

突然の吐き気、嘔吐、そして下痢が続く、といた症状は急性胃腸炎の場合が多いです。
ウイルス感染によって引き起こされます。

吐き気や嘔吐はつらいものですが、さらに下痢が続きます。

スポンサーリンク

便は酸っぱい臭いで、水のような状態になります。その状態は1週間程度続くこともあります。

急性胃腸炎の場合、吐き気や嘔吐、下痢は体内のウイルスを体外に出すための防衛反応なので、無理にそれを止めなくてもいいでしょう。
吐けばスッキリすることも多いです。
また、強い下痢止めは使わない方がいいですよ。

便や吐しゃ物が手についたら、しっかりと洗い消毒をしましょう。

下痢と嘔吐で体の中の水分は失われているので水分補給をしっかりとして、脱水症状になるのを予防しましょう。
しかし、急に水分を摂ったりすると吐き気をもよおしたり、吐いてしまうので少しずつ、ゆっくりと飲むようにしましょう。

下痢が続いていても吐き気がおさまったら食べることができるようになります。
牛乳や脂っこいもの、ミカンなどの柑橘系は避けて、うどんやおかゆ、やわらかく煮たり蒸した野菜、野菜スープなどを食べるようにしましょう。

下痢が1週間以上続いたり、便に血が混じっているようなら病院に行って診察をしてもらいましょうね。

スポンサーリンク