あなたの下痢の、症状や原因は?

下痢が続く 子供

子供の下痢が続く原因の一つは食物アレルギーが関係していると言われています。
アトピー性皮膚炎などのアレルギーを持っていませんか?
その場合、多くは下痢の症状を引き起こすと言われています。

アレルギーの原因となる食べ物としては、鶏卵、牛乳、小麦が多いとされていますね。もちろん、このほかの食べ物がアレルゲンとなっていることもあるので、病院で検査をしてもらう必要があります。
これらの食べ物を食べないことで、下痢の症状は改善されます。

下痢が続く原因として最近多いのは、過敏性腸症候群です。
添加物の食べ物やファーストフード、また自然とのふれあいが減ってしまったこと、そしてストレス。これらが原因で起こるとされています。
過敏性腸症候群は大人だけがかかるわけではないのですね。

他には細菌性の胃腸炎やウイルス性の胃腸炎などが原因となる場合もあります。

下痢が続くと大人でもそうですが栄養が吸収できなりなり、体力が低下してしまいます。子供にとっては成長の妨げにもなります。早めの治療が重要ですよ。
下痢が続くと大人でもつらいですが、子供にとってもとてもつらいものです。
子供は「下痢になった」と言わない場合もあり、親がしっかりと様子を見てあげなければなりませんね。

年代別記事一覧

赤ちゃんは下痢をしやすいものです。離乳食で食べ慣れていないものを食べ始めたときなども消化しきれないで下痢が続くこともあります。ウイルス感染やアレルギーが原因で下痢が続くこともありますね。

子供のうちは一度下痢をするとそれは続くことがよくあると言われています。でも、下痢が続くとお尻もかぶれてかゆくなるし、体力も消耗していきます。1歳くらいの子供では、自分で症状を訴えることもできませんし、親が注意して下痢を早く治してあげるようにしたいものですね。

乳児は下痢をしやすいものです。しかし下痢が続くと体内の水分が失われて、乳児の場合脱水症状を起こしやすくなります。普段から便がやわらかいと、病院に行くべきかどうか迷ってしまうところですね。乳児の下痢は主にウイルス感染や冷えなどが原因と言われていますが、これらの場合は数日から10日程度でおさまります。

幼児は頻繁に下痢をするものです。風邪の次くらいによく起こる症状でもありますね。そうはいっても頻繁に下痢を起こし、それが続くようであれば病院で診てもらう必要があります。

乳幼児の下痢が続く症状で注意しておかなければならないのは水分補給です。乳幼児が一日に摂取する水分というのは大人に比べると少ないので、下痢の回数が増えるだけで、体中の水分がどんどん奪われていってしまいます。

子供の下痢が続いているとお母さんは心配です。それが赤ちゃんならなおさらです。母乳から粉ミルクに変えてから赤ちゃんが下痢をするようになったら、アレルギー性腸炎を疑いましょう。

下痢が慢性化しているとき、どんな病気が疑われるのでしょうか?若い人でも下痢に悩まされることは多々あると思いますが、ご老人の場合には、軽い下痢でも脱水症状になることもありますし、軽く考えると大事に至る可能性もあるのです。下痢や便秘の種類を知り、老人の対処に役立てて欲しいと思います。

下痢が続く症状に、以前はノロウィルスなどは「胃腸風邪」と呼ばれて、どれもひとくくりにされがちでした。ここ数年で原因はウィルスにあることが知られるようになりました。

下痢が続くと大人でも体力的にも精神的にも参ってしまいますね。電車の中で急にお腹が痛くなったら、会議中に何回も席を立てない、など大人の世界では我慢しなければならないこともたくさんあります。