1歳 下痢が続く

子供のうちは一度下痢をするとそれは続くことがよくあると言われています。
でも、下痢が続くとお尻もかぶれてかゆくなるし、体力も消耗していきます。1歳くらいの子供では、自分で症状を訴えることもできませんし、親が注意して下痢を早く治してあげるようにしたいものですね。

スポンサーリンク

大事なのはなぜ下痢をしているかその原因を見つけることです。
1歳を過ぎていると食べ物によって下痢が続くことがあります。今まで食べていなかったものを食べたり、消化の悪いものを食べていないか、よく思い出してみましょう。特に牛乳での下痢はよくあることです。

また、風邪をひかないようにする、お腹を冷やさないようにする、冷たい飲み物を飲み過ぎないようにする、という注意も必要です。
1歳でもストレスのせいで下痢が続くこともあるので、子供とのコミュニケーションをしっかり取ることも大切ですよ。

下痢が続く場合、ウンチの状態もよく観察しましょう。
水のような状態か、消化しきれていない食べ物が出ているのか、色はどうなのか、といった点に注意して見てみましょう。
顔色が悪い、体重が減っている、ウンチに血が混じっている、嘔吐を伴っている、などの症状がなければそれほど心配する必要はないでしょう。

スポンサーリンク