犬の病気 下痢

犬だって下痢が続くとつらいものです。
でも人間と違い話すことができませんから、人間がよく観察してあげることが大事ですね。

犬の下痢が続く原因はさまざまです。
食べ物やウイルス感染、寄生虫感染、またストレスによっても引き起こされる場合もあります。
ストレスによる下痢は人間だけではないのですね。

スポンサーリンク

特に注意しなければならないのは、細菌感染やウイルス感染です。
数日間にわたって激しい下痢が続く、嘔吐や発熱、脱水症状などがある場合は危険です。
定期的なワクチンなどをきちんと行うようにしてあげましょう。

犬の下痢で最も多いのは食べ物によるものです。
腐ったものや異物を食べてしまった場合、食べ過ぎ、高脂肪のものを食べたとき、食事の内容を変更したとき、また食物アレルギーや牛乳を飲んだときなどに起こりやすくなります。

他には腸炎や胃・腸の腫瘍、悪性リンパ腫などの病気が原因の場合もあります。
さらに環境が変わったりするとストレスによって下痢を起こすこともあります。

何が原因で下痢が続いているのか、それを見つけてそれに合わせた治療を行うことが必要ですね。
そのためには、飼い主はしっかりとした健康管理をしてあげることが大切です。広い食いなどはできるだけさせないようにしましょうね。

スポンサーリンク